カラダを変えたいアナタに!

善玉菌の乳酸菌が腸内をきれいにします

乳酸菌と善玉菌
女性が体の悩みを訴える時の代表的なものといえば、便秘です。たかが便秘というわけにはいかず、便秘が長引くと腸内環境が悪くなるため、腸内の免疫細胞の働きが鈍ります。

人の免疫力は7~8割が腸に依存しており、便秘によって免疫力が低下すると風邪を引きやすくなったり、病気が治りにくくなったりします。

善玉菌と悪玉菌

人の腸内には何百種類もの細菌が棲みついており、これらの腸内細菌には、場合によって人体に良い作用をもたらすもの(善玉菌)と、悪い作用をもたらすもの(悪玉菌)があります。

通常、体が健康な時は善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)が悪玉菌(ウェルシュ菌やブドウ球菌など)の増殖を抑えてバランスを保っていますが、体調を崩したり、食事が不規則になったりすると、悪玉菌が増えて便秘や肌荒れ、下痢などの症状を引き起こします。

乳酸菌の働き

便秘を解消させるためのサプリメントの成分には、乳酸菌が非常に多く使われています。乳酸菌は糖を分解して乳酸を生成しますが、この乳酸が腸を刺激して蠕動(ぜんどう)作用を活発にするため、腸の中の廃棄物を体外に出す排泄活動が促進されます。

その結果、便秘や下痢などの症状が改善されます。

カプセルで腸まで届ける

乳酸菌が腸の働きを助けるといっても、口から摂取された乳酸菌がそのまま腸まで行きつくわけではありません。

実は、乳酸菌の多くは胃酸や胆汁、熱や塩分などに弱いため途中で死滅してしまい、腸まで生きて届きません。

そのため、乳酸菌を使うサプリメントは胃酸や熱にも負けないように、乳酸菌をカプセルなどに包み、腸まで届かせるようにしています。

有胞子性乳酸菌

ところで、サプリメントで最近使われるようになった乳酸菌の中に胃酸や熱に負けない頑強なものがあり、それが「有胞子性乳酸菌」です。

サプリメントで使われる有胞子性乳酸菌にはスポロ菌やEC-12菌、ラクリス菌などがあります。有胞子性乳酸菌はその名の通り、胞子(種のようなもの)を持っています。

胞子は硬い殻で覆われた状態になっていることから、熱や酸などに負けずに腸まで自力で到達します。そして、腸内に入ると殻か出て発芽し、増殖していきます。

なお、有胞子性乳酸菌は乳酸を生成する能力が一般的な乳酸菌より高いため、腸の働きを活性化させる整腸作用の効果がより一層大きくなります。

さらに、腸内で乳酸の量が増えることによって、腸内環境が善玉菌の活動に適した弱酸性を維持できるようになります。