おいしく青汁を飲む方法

青汁はマズいは昔の話!青汁は美味しく飲めるもの

おいしい青汁
青汁=マズい。そんなイメージがありませんか?CMでの「マズい!もう一杯」という言葉は有名ですし、見た目が緑色というのも、青汁のマズいというイメージを増長させてますよね。

しかし、青汁がマズいというのは、昔の話。今現在の青汁は、子供も飲めるほど美味しい物も多いんですよ。

色んな飲み方が出来るのが青汁の魅力

昔の青汁といえば、水割りが当たり前でした。青汁の粉を水で割ると、当然、青汁をほぼそのままの味で飲む事になりますよね。

青汁は少々の苦みがあるものなので、水割りで飲むと、青汁の苦みがそのまま残ってしまいます。しかし、今現在の青汁は、水割り以外でも飲むことが出来るようになりました。

水以外の色んなものと割ることが出来るので、青汁を子供でも美味しく飲めるようになったんです。勿論、水割りだけでも美味しく飲める青汁も沢山あります。

味自体が改善され、アレンジも豊富なので、青汁を飲む人も増え続けているんです。

青汁は何で割るのがおすすめ?

青汁は、水以外のものと割るのもおすすめです。一番良いのは、牛乳で割る方法です。牛乳で青汁を割ると、青汁がよりクリーミーになり、苦みも中和されます。

また、牛乳自体がカルシウムなどの栄養豊富なので、牛乳と青汁、Wの栄養素をまとめて補給できるのも魅力です。子供に青汁を飲ませるなら、栄養豊富な牛乳割りがおすすめですよ。

同じく、青汁の味がクリーミーになる豆乳も美味しいです。その他にも、青汁自体は水で割ってハチミツを少し入れると、青汁に甘みが出て美味しいものに仕上がります。

また、青汁は飲むだけじゃなく、食べる事も出来ます。パウンドケーキに青汁の粉を混ぜたり、クッキーに青汁の粉を使ったり。色んなお菓子と、青汁を混ぜることができるんです。

おやつ感覚で青汁を楽しめるのので、飲むのに飽きた人におすすめです。また、お菓子を作るのがめんどくさい!という人は、ヨーグルトに青汁の粉をかけるだけでもOKです。

些細な一工夫で、美味しく飲めるのが青汁の魅力なんです。自分が好きなものに青汁を混ぜてみて、どれが一番美味しいかを比較するのも楽しいですよ。

自分で青汁を作るのはNG!

自分で作れば美味しい青汁が作れる!と思ってしまう人が多いですが、それは逆です。むしろ、青汁の良さが自作では全くなくなってしまうことがあるんです。

青汁を飲む一番の目的は、栄養素の摂取だと思います。販売されている青汁は栄養素を考えられて、原材料が選ばれ、製造されています。

どのような作り方をすれば栄養素が偏らないかを考えられて、プロが作っているんです。自分で青汁を作る場合、栄養のバランスを自分で考えなくてはいけないですし、それに合った原材料を探さなければいけないし、それにプラスして美味しくする工夫をしなくちゃいけません。それは手間ですよね。

原材料を自分で探して、栄養バランスを考えて作る。こんな手間をかけるより、粉一つで簡単に栄養バランスが考えられた青汁が作れる市販の方が絶対にお得です。青汁を飲むなら、自作じゃなく素直に市販のものを買いましょう。

市販のオススメ青汁はコチラ→ダイエット効果がある青汁比較 | フルーツ系青汁の飲み方まとめ

現在の青汁は、子供でも飲みやすい味に改善され、色々なアレンジが出来るようになりました。足りない栄養を補給するために、便秘がちなのを改善する為に、青汁を飲んでみるのはいかがでしょうか。

青汁=マズいというイメージを覆す、美味しい青汁が楽しめますよ!