年代別の転職

年代別の転職者に求められるポイントとは?

転職をするうえでそれまで働いてきた会社での経歴や経験は人それぞれですが、転職者には年齢相応の能力や経験を求められる傾向があります。

20代、30代、40代の転職ではそれぞれ要求されるスキルが異なるため、一般的にどのようなことが求められるのかまとめました。

20代の転職

20代の転職者には将来性が求められる傾向が強いです。

20代の転職の場合入社して数年しかたっていないため、実践業務での経験は浅く専門的な知識が身についていないケースが多いことから即戦力としての期待は薄いです。

そのため入社後の育成プログラム等を受けることで自社の仕事を覚え、数年後にきちんと成果を出してほしいと考える面接官が一般的です。

そのようなことから面接ではスキルや経験ではなく、「なぜ転職をするのか、自社に入社してどのようなことを成し遂げたいのか」といった考え方の面を重点的に聞かれる傾向が強いです。

その場で面接官が納得する回答ができれば好印象を与えますが、将来性を感じることができないと判断される回答の場合は良い結果にはならないでしょう。

30代の転職

30代の転職者には即戦力性が求められるため、経験とスキルが大きな武器になります。

30代になると第一線で働くことでチームリーダーやマネジャーのポストに就く人も出てきます。そのため採用担当者は自社の事業にどれくらい影響を与えることができるかという観点で採用の有無を判断します。

自己PRや自身の将来像をアピールするよりも、今までどのようなことを経験してどのようなスキルを持っているかが採用の鍵となってくるのです。

そのため面接時には自分が身につけているスキルでこれだけ事業に貢献できる、ということを理論立てて説明できれば大きなアピールに繋がります。

40代の転職

40代の転職者には30代と同様に即戦力が求められますが、その度合いは事業規模ではなく会社規模で求められます。

いわば会社にどれほどの利益を与えるかという観点が採用時の判断材料に加わります。そのため個人の経験やスキルはもちろんのこと、プロジェクトを円滑に進めるための働きかけや社内外の人々とのつながりを活用する能力も求められます。

面接時には周囲に的確な指示を出したことでプロジェクトを納期内に遂行した、チーム内の人材育成に力を注いだことで部署全体の売り上げが上がった、など他者に何らかの影響を及ぼしながら会社に貢献したという経験をアピールできれば良いでしょう。