育毛剤のリスク

奇形リスクが高まる!?女性がプロペシアを使ってはいけない理由とは

女性はプロペシアを使ってはいけないという話を聞いたことはありませんか?

プロペシアはきわめて効果の高い発毛剤であり、AGAの特効薬なのですが、なぜ女性は使用してはいけないのでしょうか。女性が使ったらどのようなことが起こるのでしょうか。

プロペシアをたとえば、友人に譲ってもらったりするなどして手に入れ、使用することは絶対にやめましょう。

当記事ではなぜ女性はプロペシアを使ってはいけないのか、その理由をお話しいたします。

奇形発生の危険性が上がる?プロペシアのリスクとは

なぜ女性がプロペシア(フィナステリド)を使ってはいけないのか、それを知るにはプロペシアがそもそもどういう薬なのかを知っておかなければなりません。

プロペシアは、簡単に言えばAGAという男性特有の薄毛を改善する薬のことで、脱毛物質ジヒドロテストステロンの生成を阻害します。

その脱毛物質の素となるのは、男性ホルモンであるテストステロン。これが酵素の働きによってジヒドロテストステロンに変換されるのですが、その変換を阻害するのがプロペシアです。

ジヒドロテストステロンは、何も薄毛をもたらすだけの不要物ではありません。たとえば男性の体の形成や、変声、性衝動(子孫を残したいという願望)の生起や強化など、男性にとって欠かせないもでもあるのです。

プロペシアとは、そのジヒドロテストステロンを抑制するもの。現にこの薬には性欲減退などの副作用があります。

では女性が飲んだ場合はどうなるのかというと、同じようにジヒドロテストステロンが抑制されるわけですが、女性の薄毛の原因は男性ホルモンではないことも多いため、効果はほとんどないと思われます。

なんだ、効果がないだけだったら別に女性が飲んだって問題ないじゃない。と思われた方もいらっしゃるかと思います。

たしかに、未知の副作用がないとは限りませんが、病気でもない妊娠中でもない女性がプロペシアを飲んでも、ただ効果がないというだけで悪影響はないかもしれません。

しかし、妊娠中の女性や、その予定のある女性は要注意。ジヒドロテストステロンの抑制は、お腹のなかの赤ちゃんにモロに悪影響を及ぼすからです。

男性器の形成に関与

ジヒドロテストステロンは、胎児(男)の男性器の形成に関与します。妊娠中の女性がプロペシアを飲むと、体内のジヒドロテストステロンが減少し、胎児に十分な量が供給されず、男性器が正常に発達しない危険性があります。いわゆる奇形というやつです。

これを発生させてしまう可能性がきわめて高いため、女性にはプロペシアは処方しない決まりとなっているんですね。

しかもプロペシアは、薬剤に触れるだけで体内に侵入します。旦那さんの薄毛治療薬をちょっと触っただけで子供が奇形に――なんてことも十分あり得るのです。

子どもづくりに励んでいる女性も、そうでない女性も、この薬に女性が接触することによる悪影響は非常に危険であり、且つまだ不明の部分もありますから、プロペシアを飲んだり、触ったりしてはいけません。

薄毛対策をしたいなら

薄毛対策をしたいのであれば、たとえば女性向けの薄毛治療薬「パントガール」なんかもありますし、ミノキシジルの配合されたこちらも医薬品の発毛剤「リアップ リジェンヌ(女性向けのリアップ)」もあります。

それとは別に、美容成分たっぷり育毛剤で頭皮ケアをするのも良いでしょう。ともかく女性には女性の薄毛治療、対策というものがありますので、そちらを実践するようにしてください。

まとめ

以上、女性がプロペシアを使ってはいけない理由をご紹介いたしました。

プロペシアは女性にとっては非常に危険なお薬です。女性には女性の薄毛治療や対策がありますから、薄毛にお悩みの方はそちらを実践するようにしてください。

男女兼用の育毛剤はコチラ