DHAサプリメントの特徴まとめ

DHA・EPAサプリの選び方ポイント

「血液がサラサラになる」
「中性脂肪が減る」

などの効果が期待できる今話題のサプリメントDHA・EPAですが、いざ購入しようと思っても様々なメーカーから発売されているのでどの商品を選べば良いか迷ってしまいます。

今回はDHA・EPAサプリの失敗しない選び方についてご紹介していきたいと思います。

ポイント1 含有量

厚生労働省食事摂取基準では、DHAとEPAの1日の摂取量は合わせて1000mgとなっています。 普段の食生活で摂取している量を考えると、DHAとEPAを合わせて500mg程は含有されているものが望しいでしょう。

また、含有量が極端に少ないものやDHAやEPAはそれぞれ異なった働きがあるので、DHAやEPAのどちらかしか含まれていないものは避けるようにしましょう。

ポイント2 酸化防止

DHAやEPAは性質上とても酸化されやすく、 酸化してしまえばどんなにサプリメントを摂取しても殆ど効果を発揮しません。

しっかりとサプリメントの効果を得るためには、ビタミンE・クリルオイル・アスタキサンチン・セサミンなどを配合していて、きちんと酸化防止の対策が取られているものを選ぶようにしましょう。

ポイント3 安全性

青魚を原料として作られているDHA・EPAサプリなので、品質や安全面がしっかりしているものを選びましょう。水銀、放射線などの有害物質が含まれていないか、しっかりと検査がされている商品であるのかをチェックしましょう。

また、「GMP認定工場」と言う入荷・製造・集荷までに厳しい品質管理基準を満たしているといった証明になるマークを基準に選ぶと安心して服用する事ができますね。

ポイント4 価格

サプリメントの効果を実感するために一番大切な事は、やはり飲み続けていく事です。サプリメントを続けていくためには無理のない価格であると言ったことも大切です。

含有量や安全性を考慮した上でしっかりと価格を比較して検討してみましょう。